禁煙を開始してから1週間の推移経過について

タバコを吸う人にとって、禁煙はしたいとは思うものの、いざ開始してみると吸いたいという離脱症状に負けてしまい挫折してしまったという経験は少なくないはずです。禁煙の重要な第一関門としては、まさにこの離脱症状をどうやって克服するかに係っていると言っても過言ではありません。

離脱症状は通常、禁煙を開始してから2~3日後がピークと言われています。その後、個人差はあるものの、緩やかに1週間~2週間にわたって推移します。代表的な症状としては、たばこを吸いたいという欲求にかられる、イライラして喫煙時よりも落ち着かない、眠気が引かない、身体にだるさを覚える等が挙げられます。中でもタバコを吸いたいという欲求を抑えることが一番辛いはずです。この欲求を抑える方法としてはいくつかの解決法・対処法があります。

まず、お口が淋しいと感じる方が大半でしょう。その際、ガムをかむ、あるいは飴を含む、コーヒーやお茶を飲むなど、口の何かしらを含むことで喫煙したい欲求を抑制できる可能性があります。また、友人達とカラオケに行ったり、好きなアーティストがいればコンサートに出かけたりと、声を出したり口を動かして騒いだりすることで、日常生活の中に意識して喫煙から遠ざける行為を積極的に導入することも禁煙が成功する可能性の1つと言えます。

また最近は禁煙グッズが従来のものよりも大幅に進化しています。禁煙グッズのタバコの模造品についても、口当たりが本物のタバコと何ら差異が感じられないほど性能が向上しています。吸引することで煙を出す商品もあり、どうしても喫煙の欲求を抑えられないケースではこうしたグッズを積極的に利用することも大切です。より自分に合った禁煙方法を模索することが必要です。